遺伝でも若ハゲは改善は可能なのか

MENU

若ハゲは遺伝でも改善は可能なのでしょうか

若ハゲは遺伝でも改善は可能なのでしょうかという疑問にお答えします。

 

親がハゲているから、遺伝だからとよく聞きます。果たして「若ハゲ」は遺伝するのでしょうか?

 

若ハゲは遺伝するのか

まず、父親がハゲていると、自分もハゲるのではと悩む方が多いと思います。

 

実は、ハゲの遺伝子は母系からの影響が大きいそうです。
母系の遺伝子の中のたった2つの因子の影響で、8割という確率でハゲることが決まってしまいます。

 

ですが、この遺伝子による確率も絶対ではありません。

遺伝以外でのハゲる要因とは

髪の毛が薄くなる因子による遺伝以外にも髪が薄くなる要因が存在します。

薄毛の因子以外の遺伝的要因
  1. 頭皮トラブルが起きやすい体質の遺伝
  2. その他何らかの体質の遺伝

このような薄毛の原因となりやすい体質が遺伝していれば、
直接、ハゲる因子が遺伝をしていなくても禿げやすくなります。

生活習慣

あなたは、物心がついてからずっと親と同じ生活環境で毎日を過ごしていることでしょう。
同じような生活パターン、食生活を繰り返している内に、気づかないうちに、若ハゲになりやすい環境の中で暮らしているかもしれません。

 

実は、遺伝よりも、「自然に」ハゲてしまう人のほうが多いのです。

若ハゲの予防策

たとえ遺伝だったとしても、きちんと予防策を講じていれば、若ハゲを回避することもできます。
現状を改善することも可能です。

  1. 生活習慣の見直し
  2. 体質の改善

今のあなたにできることは、まだまだ数多く残されているはずです。

 

果たして、遺伝だからと若ハゲをあきらめている人の中で、自分の遺伝子と親の遺伝子を調べたことのある人はどのくらいいるでしょう。

 

しっかりとした原因究明を行い、一つ一つの可能性にトライする。現状を打破し、改善を図ることで若ハゲは治すことができます。

 

ひょっとすると、あなたは若ハゲである事実をあきらめていませんでしたか?現状を維持することに奔走するのではなく、前向きに自信を持ってチャレンジしてみましょう。